• Tag Archives 魅力
  • 旅行で体感!世界が憧れる国「ドバイ」の3つの魅力

    近代的な建造物と美しい夜景

    ドバイ旅行の魅力といえば、中東屈指の近代的建造物です。特に絶対に訪れてほしいのがブルジュ・ハリファではないでしょうか。トム・クルーズ主演のMI4でも登場しましたが、なんと地上高828m、階層は160階、ビルの先端に向かってとがるようなデザインをしており、まさに天をつくという表現にふさわしい近代的な建築物です。ビル内にはホテル、レストランなどがあり、124階にある展望台からはドバイ市や隣接する砂漠をも見渡せる絶景スポットなので、必ず訪れてみたい場所なんです。
    夜景の美しさも抜群ですよ。124階(高さ約442m)にある展望台から道路を照らす街灯の明かり、噴水を照らすイルミネーション、そして建ち並ぶ高層タワーマンションの光景が広がり、昼間には近代的であった街に幻想的な趣を与えています。360度パノラマビュースポットなので、中心市街地だけでなく、市街地の外にある闇の中に広がる砂漠、そして西側に広がるペルシャ湾をも一望できます。まさに100万ドル、いや1000万ドルの夜景と言っても良い光景は、ここだけのものです。
    ドバイは、街全体が近代的に整備されています。マリーナ付近に集中する300m以上の高層タワーマンション群は、摩天楼を思い浮かばせるほど高いです。また街の隅々まで張り巡らされた高速を含む道路網、ドバイ警察はフェラーリなどのスポーツカーをパトカーに採用しており、日本では見ることのできない風景を堪能しましょう。

    圧倒!世界最大級のショッピングモール

    ドバイには、世界最大級のショッピングモールもあるんです。その名もダウンタウン・バージュ・ドバイは、大型デパート2つ、レストランは120店、カフェは1200店以上あるという日本ではありえない規模の超巨大ショッピングモールです。ダウンタウン・バージュ・ドバイに行けば、なんだってあります。ファーストフードを楽しめるフードコート、世界各国のレストランもありますし、日本料理でマグロの刺身や寿司を食べることもできます。世界最大の水槽を持つ水族館も楽しめますし、暑い中東なのにオリンピック規格に合わせたアイススケートリンクだってあるんです。もちろんショッピングモールに欠かせないシネマコンプレックスが22館、アミューズメント施設としてはSEGAテーマパークやキッザニアなどもあるので、子どもたちも思い切り遊べますね。当然ですが、高級ブティックやブランドショップなども入っているので、食品や菓子類や雑貨や日用品から高級嗜好品まで何でも揃えられてしまいます。あまりに大きくて広いので、1日中歩きまわっていても飽きることもありません。
    人口約244万人なのにこれだけのショッピングセンターがあるなんて不思議ですよね。でも2016年の観光客が1530万人に達しているので驚くに値しません。しかも観光客の落とすお金は、3兆4600億円以上(2016年)に達しており、世界屈指の観光地なんです。そのため世界各国からたくさんの観光客が集まる国際都市として発展しているんですよ。

    透明度が高いビーチリゾート

    透明度の高いビーチリゾートも人気です。随一の人気を誇るジュメイラビーチでは、水着姿になった観光客らの姿で賑わっています。中東の国だけあって雨が降ることも年に2日~3日ほどしかなく、ほぼ毎日が晴天です。また最も寒くなる11月~3月の気候も日本の初夏から秋を思わせるほど温暖な気候なので、1年を通してビーチリゾートを楽しめるんですよ。
    なにより透明度の高さが折り紙付き、7つ星のバージュアル・アラブなどのホテルが所有するプライベートビーチだと透明度も一層高いマリンブルーをしています。海岸にそびえ立つ7つ星ホテルと海岸線のコントラストも魅力的、すぐ近くには天をつくようにそびえ建つ摩天楼など、この景観の美しさは日本では感じられません。しかもときおり、ラクダに乗った地元の人が通り過ぎるシュールな風景もドバイらしくていいですよね。
    ペルシャ湾には、人工の島パームアイランドがあるんです。この島はジュメイラビーチの沖合を埋め立てて造成されており、上空から見るとパームヤシのような姿をしているためその名がつけられました。宇宙から見える唯一の人工島とも呼ばれており、葉の部分にはプライベートコンドミニアムになっているため一般人は入れません。しかし外縁部には大型リゾートホテルが建ち並んでおり利用可能、ペルシャ湾に浮かぶ人工島でビーチリゾートを楽しんでみてはいかがでしょうか。ドバイはイスラム圏ですが、ビーチなどであれば水着になってもOKなので、リラックスした気分でゆったりとした時間を過ごしましょう。


  • 旅行で体感!広大な自然の国「オーストラリア」の5つの魅力

    広大な大地に広がる大自然

    オーストラリア旅行の魅力といえば、広大な大地に広がる大自然です。日本では考える事が出来ないような場所が様々あるので、オーストラリア旅行のを行う上では、外すことの出来ないスポットになります。
    またこの大自然は世界遺産としても登録をされている場所になるので、見ごたえも十分です。
    特に有名なエアーズロックは誰もが聞いた事のある名前の場所になりますが、朝と夕方では見ることの出来る風景や印象が変わりますので、お勧めです。更にサンゴ礁では有名な場所として、グレートバリアリーフがありますが、これは世界最大級と呼ばれているサンゴ礁になり、数多くのサンゴを楽しむ事が可能になっています。海とマッチするので、見ごたえも抜群の場所です。もちろん珍しい種類の魚も数多く生息しているので、飽きる事無くオーストラリアの大自然を満喫する事ができる最高のスポットの一つといえます。澄み切った透明度のある海にも注目してみると良いでしょう。

    レアな動物を間近で感じられる!

    オーストラリア旅行の魅力といえば、日本では見る事の出来ない動物を間近で見る事が出来る点です。日本の場合は動物園で見る事が出来ますが、柵や檻の中で飼われている物しか見ることが出来ないので、間近で見ることが出来ません。オーストラリアなら有名なコアラを初めとした多くのレアな動物を見ることが出来ます。コアラに関しては間近で見る事が出来るだけではなく、一緒に抱きかかえて写真撮影を行ったりする事が出来るので、オーストラリア旅行をした時には素敵な思い出になること間違いありません。動物が大好きな方にとってはオーストラリア旅行は魅力の溢れる旅行になります。もちろんコアラだけではなく、オーストラリアで有名なカンガルーやワラビーなども見ることが出来ますし、目の前で見ると迫力が日本の動物園とは違う事を実感する事が可能です。オーストラリアには可愛い種類のものが多いので、沢山写真撮影を行うとまたオーストラリア旅行に来たいと感じることが出来ます。

    日本とは真反対の季節を楽しめる

    オーストラリアは日本と気候が違います。日本が夏の場合はオーストラリアは冬になるので、日本とは真反対の季節を楽しむ事が可能です。その為、夏の暑さに嫌気が差した場合にはオーストラリア旅行に行くと涼しさを満喫する事が可能になっており、日本で冬の寒さを我慢できない場合は、オーストラリア旅行に行くと暖かく過ごす事ができます。自分が好きな季節を選んで、旅行に行く事が出来るのも魅力の一つです。またオーストラリアは気候が違うため、日本の夏のような蒸し暑さを感じることもありません。湿気が少ないので、オーストラリアの夏は快適に過ごすことが出来ます。
    この為、日本が冬の時に快適に過ごしたいと考えて、計画を立てている方が多くおられるので、予約をする場合には早めにしておくほうが良いでしょう。ぎりぎりになってしまうとツアー予約をする事が難しくなり、折角の真反対の季節も楽しむことが出来なくなってしまうので、早めの予約をとるようにしましょう。

    都市によって違う見どころ・楽しみ方ができる!

    オーストラリアは様々な都市があり、都市によって違う見どころがあるので、様々な楽しみ方ができるのが魅力です。首都があるシドニーでは都市が発達しているので、買い物をするにも便利に場所になっているため、ショッピングをする事が可能です。都市部の為、お昼間だけではなく、夜も楽しむ事ができるようになっており、高い所から見る事のできる夜景には心が奪われてしまう程、魅力を感じる事ができます。他にも水族館などもあるので、日本とは違って間近で見る事の出来る種類の魚が沢山いるので、お勧めです。時間がある場合にはシドニーだけではなく、自然のあふれるケアンズも見てみると良いでしょう。ケアンズには自然だけではなく、マリンスポーツを楽しむ事が出来る場所にもなりますので、日本のマリンスポーツでは満足する事の出来なかった方にもお勧めです。自然が多い場所になるため、野生動物も沢山見る事ができるので、オーストラリアに来た時はケアンズにも寄ってみましょう。

    様々なアクティビティが楽しめる!

    オーストラリアでは、様々なアクティビティを楽しむ事が可能です。特にお勧めなのが、ゴルフになります。オーストラリアは広大な敷地でプレーを楽しむ事が出来るので、日本とは違って大きなホールを回る事が出来るため、非常に楽しめるのが、魅力の一つです。その他にも綺麗な海に潜る事が出来るスキューバーダイビングもお勧めになります。海の中はとても綺麗なので、潜ってみると数多くの魚を見る事が可能です。水族館などとは違って目の前で見る事が出来るので、とても魅力的に見えるはずです。更にお勧めがマリンスポーツになります。観光客向けに行われているマリンスポーツは日本人が利用するのに大変便利です。また写真撮影も行ってくれるの大切な思い出作りにもなります。友人などと来た時には写真撮影をする時に誰かに頼む必要があるので、一緒に映る事が難しいですが、マリンスポーツを利用するとそのような心配も不要なので、存分に魅力を満喫する事が可能です。


  • 旅行で体感できるパリの5つの魅力

    旅行で体感!オシャレな芸術の都市「フランス パリ」の5つの魅力

    たくさんの観光名所がある

    パリ旅行の魅力は、たくさんの観光名所を楽しめることですよね。芸術の都市と呼ばれるだけあって歴史と文化を感じられる施設が多数ありますが、中でも「我らの貴婦人」という意味を持つノートルダム大聖堂は必見です。威厳あるゴシック建築の外観と聖母マリアとキリストが描かれた見事なステンドグラスと巨大なパイプオルガンは見事としか表現できません。この他にもセーヌ川近くにある聖書の世界観をステンドグラスに表現したサント・シャベル寺院も芸術都市にいることを実感させてくれることでしょう。
    そして誰もが知っている凱旋門ですが、実は内部に入れるんですよ。300段を超えるらせん階段の先には、お土産屋や展示室のある空間と屋上テラスにつながっています。頑張って登れば360度のパリを堪能できます。360度の眺望と言えばエッフェル塔を忘れてはいけませんよね。それにモナリザの微笑が有名なルーブル美術館は、古代ギリシャやローマ、古代エジプトなどの美術品も多数揃えており、古代の世界に誘ってくれますよ。

    歴史の舞台となった名所がある

    歴史の舞台となったといえばヴェルサイユ宮殿は、1682年にフランス王ルイ14世時代に造成された離宮です。絵画や彫刻によって室内空間が構成されるバロック建築の代表作として知られています。ルイ13世時代に狩猟の館として建てられたことから1070ha(緩衝地域9467ha)にも及ぶ広大という表現にふさわしい敷地を擁しており、大きく空が開けた広々とした空間を持つ噴水庭園も訪れてみたい名所です。ヴェルサイユ宮殿の鏡の回廊は、儀式や外国の賓客を謁見するためために建築されましたが、その贅を凝らした作りは圧巻です。
    旧パリ市庁舎も歴史の舞台となった施設です。フランス革命時に市民に占拠された歴史を持っており、ルネッサンス様式の外観とベル・エポック様式の内観が特徴です。そして旧パリ庁舎を占拠した市民たちが最初に襲ったバスティーユ刑務所跡地は、バスティーユ広場となり市民に親しまれています。また美しいコンコルド広場は、マリーアントワネットやルイ16世が処刑された場所でもあるんですよ。

    セーヌ川の美しさを堪能できる

    パリ市中心部を湾曲するように流れるセーヌ川の美しさも堪能できます。川岸を歩くのも良いですが、クルーズを利用すれば、もっと楽しめますよ。市中心部をゆったりと移動するクルーズコース中には、ルーブル美術館、エッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿なども愛でましょう。特に夕方のクルーズが最もロマンチックになっており、セーヌ川美しさを心ゆくまで堪能すると気持ちがぐっと盛り上がります。
    セーヌ川の美しさと食事も楽しみたいという方もおられますよね。そんな方のために食事付きクルーズコースもあるんです。フランス料理のコース料理に舌鼓を打ちながら、セーヌ川の光景を楽しめるなんてロマンチックにもほどがあります。クルーズコースでは、川の右岸と左岸にも注目しましょう。川の右岸は、パリ庁舎などを始めとするパリの中心的施設が多数建ち並んでいます。左岸をみると印象派の作品で知られているオルセー美術館や国民議会の議事堂などの風景も堪能できるので要チェックです。

    イルミネーションが美しい

    パリはイルミネーションの美しさでも世界に知られていますよね。特にクリスマスシーズンが近づく11月下旬なると市内各所で華やかに輝き始めます。中でも注目したいのがシャンゼリゼ通りです。シャンソン「オーシャンゼリーゼ」でも知られている大通りは、例年11月22日になるとたくさんの人達が集まる中でライトアップイベントが開かれ、翌年1月8日にまで続きます。
    パリのイルミネーションの特徴は、派手さは少なめで、柔らかさを感じられたり、クラッシックな印象のある演出がなされることです。中でも幻想的な風景を感じられるのが、シャンゼリゼ通りから凱旋門にかけてつづく光のモニュメントでしょう。まるで輝く宝石を散りばめたような魅惑の空間が広がっており、走行するヘッドライトすらも一部になったかのような見事な光景を楽しめます。セーヌ川クルーズからも光の芸術を楽しめるので、クリスマスシーズンに訪れたときには利用してみてくださいね。

    フランス料理だけではない!グルメを楽しめる

    パリと言えば、フランス料理の本場ですよね。日本人にとってフランス料理と言えば敷板が高い、高級料理、お高く止まっているというイメージがあるかもしれません。でも本場のパリでは、フランス料理以外にもたくさんの料理を楽しめます。おすすめしたいのがクレープです。パリにはたくさんのクレープ屋台が並んでおり、現地で人気なのが、クレープの中に多彩な具材を入れたクレープデリスです。日本ではガレットとして親しまれており、昼食や軽食に最適ですよ。
    本場ビストロのグルメを堪能してみてはどうでしょうか。日本でいうところの定食屋的な店舗では、パリの定番料理をたくさんそろえており、敷居の高いフランス料理が身近に感じられますよ。
    パリのカフェでは、シーザーサラダやカルパッチョのような日本人にも親しまれているメニューも楽しめます。またクラブハウスサンドなどの軽食やタルトタタンのようなスイーツ系もそろっていますし、もちろんコーヒーや紅茶も味わえます。パリに訪れたら庶民は料理や多彩なメニューを味わいましょう。