• 一度は一人旅をすべき!旅から経験できる3つの素晴らしさとは

    皆でする旅とは全く違う経験が出来る

    旅と言っても、一人旅というのは修学旅行や卒業旅行などの皆でするものとは経験の質が異なります。とくに日本人はもともと群れやすいですが、それは旅でも同じで、何人かで行くと結局メンバーに流されて自己決定のない旅行になってしまうことは少なくありません。
    空気を読んでいるうちに終わってしまったりという思い出を持っているひとも多いです。一人旅では何もかもが自己決定ですから、決断力がどのくらい自分にあるかわかります。意外にきちんと自分で選べるものだなとわかるひとも、やってみると多いです。
    空気を読むのではなく、自分のありのままの感性に従う心地よさを体験すると、成功体験となり、自己肯定感が強まりやすい傾向があります。
    結局自分で決めるという意味では、人生と同じですから、決められた感覚を持っているかいないかは、その後の人生を左右します。
    はじめから終わりまでひとりでやりきった達成感があると、そういった経験がない人より自信をもって仕事などにも取りかかれるという傾向があります。はじめから遠くに行かずとも、まずは日帰りからやってみても良いわけです。一度やってみると、もう少し遠くにチャレンジしたくなるひとは少なくありません。

    恋人や伴侶と行く旅とも得られるものが違う

    恋人や伴侶と行く旅行も、もちろんそれはそれでステキですし、独特の充実感が得られるのは事実です。しかし、恋人や伴侶と居ると、ついつい相手に頼ってしまったり、相手に嫌われたくなかったり機嫌を損ねたくないという思いから、自分の本当の選びたい食べものや場所を遠慮してしまうということは、ありがちです。
    想い出としていい側面もありますが、相手に気をつかうことはたしかです。その点、一人旅では基本的に誰にも気兼ねは要りません。だからこそ本当の自由を味わえます。そこではじめて自分の好みを知ることになるひとも少なくありません。ひとりで景色を眺めるというのは、一種の瞑想のようなもので、忙がしいふだんの生活のなかで見えなかった自分の気持ちがまざまざと浮かんでくることがあります。その気持ちよさが好きで一人旅を定期的に繰り返すひともいます。ひとりで過ごすことで、帰ってから恋人や伴侶と過ごすときにも本当の自分の気持ちが出せたり、スッキリした気持ちで仕事に向かえるという人も多いです。
    パートナーがいる旅行では、現地の人もある程度気をつかって距離をとってくれる分、現地の人とのコミュニケーションが充実しづらいということもあります。

    出来れば若いうちに行けたら外国へ

    お金はかかりますが、一人旅は出来たら若いうちに、それも海外にも足を向けてみるのはおすすめできることです。若いときというのは、感性が豊かで色々なことを吸収できる時期ですから、旅先での影響の受け方も強く、その後の人生のプラスになりやすいです。
    国内でもさまざまな新しい経験は出来ますからそれはそれでいいですが、海外ならもっと既成概念をくつがえされることが起こりますから、考え方に柔軟性が出ることが期待できます。
    視野が広くなり、ものを考えるときにグローバルな考え方が出来やすくなるので、さまざまなシーンで役に立つことが多いです。
    また、結婚をしたり子どもができたりすると、多くの場合自由に旅行に行きづらくなりますから、その意味でも身軽なうちに一人旅をするのはおすすめできることです。
    自分の地元の価値観しか知らない人と、グローバルな考え方が出来る人では仕事の場面で出るアイデアもちがいます。
    エピソードトークもネタにことかかないですから、プライベートでも役に立つことは多いです。同じ場所に一人旅したことがある人と出会えば、いっきに仲良くなれることも少なくありません。
    一人旅をしたことがある人というのは、プラスのイメージがつきやすいです。群れることでは経験できないことで成長することがたくさんあります。


  • え?またそのイメージ?ドバイ在住なだけで誤解される3つのこと

    ドバイ在住には、どんな響きがあるのでしょうか?お金持ち?リッチ?日本のみならず、世界中の人が、なんとなく、そんなイメージを持っているかもしれません。でも、必ずしも、そのイメージがあっているとは限りません。そこで、今回は、気軽に読める記事をお届けします。今回扱うテーマは、ドバイ在住ですと言うと…相手にどんなイメージを持たれるのか、です。「確かにそんなイメージがある」というものから、「え、そんなものまで」というものまで、あるかと思いますが、どれだけ、共感できるか考えてみてください。

     

    1. フェラーリに乗ってるの?

     

    フェラーリに乗ってるの?これはかなりの確率で言われるフレーズです。というのも、どうやらドバイに住んでいること=お金持ち=フェラーリという図式が出来上がっているからのようです。フェラーリを所有している人はいますが、決して、そこらじゅうフェラーリやランボルギーニだらけではありません。これはドバイをちょっとでも旅行してみたことがある人ならわかることです。ドバイを旅行したら、フェラーリ見放題…などと考えていると、ちょっとがっかりしてしまうかもしれません。ちなみに、タクシーはどうでしょうか?タクシーも実は高級だったりして?ゴールドの車体に…なんて想像してはいけません。もっと白をベースとしてシンプルな、どこにでもありそうなタクシーです。実際、金ピカのタクシーにしてほしいものですね。実際、それくらいのお金なら、持っている人は持っているでしょう。それの方がドバイのイメージを死守することにもつながりますし。

     

    2. ライオンがいっぱいいるの?

     

    こんな質問が生まれる経緯は、大豪邸にライオンを飼っている大金持ちをテレビか何かでみたことがあるからでしょう。さすがに、誰も野生のライオンがそこらじゅうを歩き回っているとは思わないはずです。ライオンがペットとして飼われている…想像するだけですごいですね。どうやら、お金持ちは、他の人が飼わない種類の生き物を手に入れることに執着する傾向があります。それでちゃんと可愛がるならまだしも、あくまでも商品を購入したという感覚の人が多いので、これは許しがたいことです。動物を大事な命としてみることのできない人は、お金がどうこう以前に、人として小さいですね。なので、そんな人がもしライオンを飼っていても、あなたにはそんな資格はありません、と言ってあげましょう!と少し話が脱線しましたが、普通にドバイを旅行してもライオンに遭遇する可能性はゼロでしょう。残念ですね。でも、普通にライオンがいっぱいいたら…やっぱり怖いですね。

     

    3. どうやって暑さで溶けないようにしてるの?

     

    いい質問ですね。ドバイは死ぬほど暑いです。暑くて暑くて気持ち悪くなります。具合が悪くなりそうです。しかし、これは、あくまでもドバイを旅行する人の気持ちです。ドバイに長く住んでいると、この暑さが当たり前になってきます。それでも暑くてイライラすることはよくありますが。でも、この暑さの中で生きていくしかないのです。慣れというのはすごいもので、慣れてしまえば、結構、暑さはなんとかなるものです。例えば、汗がドバドバ出ることがなくなりますね。これは、水分を垂れ流すことを阻止しようと体が調整しているからなのでしょうか。もちろん、汗が全くでないのは、それはそれで怖いですけどね。あと、大事な点として、必ずしもドバイでの生活が暑いとは限りません。いうまでもなく、ドバイの気候はうだるほどのあつさです。しかし、これはあくまでも外の話。ドバイの人はもう、できるだけ、この外気に触れないように生きる方向にシフトしているのです。巨大なショッピングモールや、屋内施設が多いのは結局のところ、そういう意識から来ているのでしょう。冷房がガンガン効いた建物の中で、全てを楽しめるようにしちゃおう。そういうことなのですね。実際、モールの類は、中にあらゆるものが整っているので、外に出ることなく、一日中楽しむことができます。さらに運転手付きの車を用意すれば、モールや施設間の移動中にも暑い思いをすることがありません。暑い暑いと言われるドバイですが、お金をかけて生活している人にとっては、それはなんとかなるものなのですね。旅行でドバイを訪れる際には、ただ油断しないでください。慣れていないこともあり、きついです。