• Category Archives Uncategorized
  • 世界一空気の美味しい国「スイス」

    Posted on by limi

    チューリッヒ、ジュネーブ、そしてツーク。 ツークはスイスの中央部に位置する、世界の中小企業が集まる街としても知られています。チューリッヒまで車で30分、ルツェルンまでも30分弱とあり、住みたい街NO1と言われています。


    チューリッヒの空港から電車(S24)で、乗り換えなしでツークの中心部に到着します。中心部には湖やレストラン、バーやショップが立ち並び、新しい観光地としても人気が出てきています。

    ツークへ来たらここへ行こう

    6月には花火大会があり、湖沿いには露店が立ち並び人で賑わいます。打ち上げ花火の中でもかなり大きい花火が数連発で上がるので、夏休み前の比較的飛行機の席が空いているこの時期が、観光のオススメの時期ともいえます。

    SPAGO

    ツークで一番Mojito(モヒート)が美味しいのが、ここSPAGO。食事もナチョス、ハンバーガー、トルティーヤ Etc… 食事もお酒も100点満点のこのレストランバーは、外にもテラス席が完備してあり街を行き交う人々を眺めながらくつろぐことが可能です。早めの時間から夜遅くまで空いているうえ、街の中心部に位置しているので、ホテルに荷物を置いたらここでゆっくりしてみてはいかがでしょうか?
    SPAGO RESTAURANT & BAR
    Bahnhofstrasse 12
    6300 Zug
    T +41 41 711 18 72
    F +41 41 710 52 60
    spago@remimag.ch

    Hafenrestaurant

    テラス席が湖の「上」にあり、湖を眺めながらの朝食、昼食、ディナーが可能。ワインの種類も相当数あり、料理にあったオススメのワインをスタッフに尋ねてみても良いかもしれません。日替わりランチはかなりボリューミィで、味も抜群。湖に映る太陽や月の反射を眺めながら、くつろいでみてはいかがでしょうか?
    Hafenplatz 2
    CH-6300 Zug
    Telefon +41 41 711 90 70
    Fax +41 41 711 90 63
    hafenrestaurant@remimag.ch

    宿泊

    街の中心部にあり、ショッピングやレストラン、湖までも徒歩圏内の便利なホテル。室内はびっくりするくらい清潔で、スタッフの対応も抜群です。ホテルの朝食はブッフェ形式で、暖かい卵やベーコン、チーズ、ウィンナー、果物からフレッシュジュースまでが用意されています。アメニティもお土産に持って帰れそうなくらい素晴らしいこのホテルは、ディナータイムも地元の人で賑わっています。
    City-Hotel Ochsen Zug
    Kolinplatz 11, CH-6300 Zug,
    Telefon +41 41 729 32 32

    さらに詳しいツークはこちら




  • 11月がオススメ!台湾を旅行しよう

    食いしん坊な人もそうでない人も、台湾料理は一度は絶対に食べておきたいおいしいグルメの代表です。ぜひ現地を旅行して、おいしい台湾料理を堪能してきてください。11月の台湾は一番過ごしやすい時期といわれていますので、旅行にはぴったり。

    今回は初めて台湾を訪れるという人に読んでほしい、11月の台湾で気をつけたい服装や、グルメ散歩のときに持っていくと便利なグッズなどをご紹介します。

     

    ≪台湾の11月は過ごしやすい≫

    11月の台湾は、日本の秋と気温がほとんど変わらないため、過ごしやすい時期で旅行や観光にぴったりだといわれています。

    この時期になると台風の心配もほとんどなくなるので、不安定な天気で突然の雨に見舞われるということも少なくなります。

    昼間はあたたかく、夜になると肌寒いくらいで、11月も後半になると寒暖差が激しくなってきます。調整できる服装で快適な旅行を楽しんでください。

    食べ物もおいしく、過ごしやすい気温なので、この時期の台湾は特に満喫できること間違いなしです。

     

    ≪台湾旅行で用意しておきたい服装≫

    ・動きやすい撥水加工のスニーカー

    ・汚れの目立たない色の濃い服

    ・撥水加工が施されている薄手のジャンパー

    ・薄手の長袖

     

    動きやすい撥水加工のスニーカー

    台湾に来たらはやりB級グルメを堪能したいですよね。おいしいB級グルメが食べられる一帯では、足もとが濡れていたり少し不安定な場所を歩くことがあります。そのため、ヒールなどの足もとが気になるものは避けたほうがいいでしょう。濡れたり汚れたりしてもいいように、履きなれたスニーカーなどを持参しておきましょう。撥水加工のされているものがあるとなおいいです。

     

    汚れの目立たない色の濃い服

    また、洋服も気合いを入れたファッションだと、足もとが汚れたり、台湾のグルメに多い汁ものが飛んでしまって、せっかくのオシャレが台無しになってしまいます。屋台などで気軽な食事を楽しむなら、汚れの目立たない服装や、ジャブジャブと洗いやすいものを選びましょう。

     

    撥水加工が施されている薄手のジャンパー

    これは防寒と雨などの対策のためにあると便利です。雨が少なくなっているとはいえ、降らないとは限りません。肌寒くなる日もあるので、防寒も兼ねてかさばらない薄手のものを持っていると何かと役に立ってくれます。

     

    薄手の長袖

    11月の後半は昼と夜の気温差が激しくなってくる頃。カーディガンなどの薄手でさっと羽織れるものがあると、日が暮れて肌寒くなってもすぐに着られるので1枚バッグに入れておくと助かります。

     

    ≪台湾旅行で用意しておきたいその他≫

    ・紫外線対策グッズ

    ・虫よけ対策グッズ

    ・ポケットティッシュ

    ・ウェットティッシュ

    ・ポリ袋やジップロック

     

    紫外線対策グッズ

    気温は下がってきていますが、まだまだ日差しの油断はできません。日焼け止めや帽子など、身軽に動ける程度の紫外線対策はきっちりとしておきましょう。

     

    虫よけ対策グッズ

    台湾は日本とは違い、1年中蚊がいます。涼しくなってはいますが、蚊の対策は必須です。虫よけスプレーや虫よけのブレスレットや小物などのグッズでしっかりと対策をしましょう。

     

    ポケットティッシュ

    B級グルメの旅ならば必須アイテムといえます。ティッシュやお手ふきなどが用意されていないところがほとんどなので、準備しておくと手の汚れもすぐに拭き取れます。エチケットとしても持っておいて邪魔にはなりません。

     

    ウェットティッシュ

    屋台ではお手ふきなどが置かれていないのが基本なので、ウェットティッシュもバッグに常備しておきたいですね。食事前後にさっと拭けるものがあると安心です。

     

    食品用ポリ袋

    出先で出たティッシュなどのゴミを入れておくために持っておくと便利です。また、屋台の食事を持ち帰りたいときなどにも使えますので、食品が入れられるタイプの袋を何枚か用意しておくといいでしょう。

     

    ホテルにチェックインして荷物を置いたら、なるべく身軽にグルメ観光を楽しみたいですよね。できるだけ必要最小限のもので、欠かせないグッズについてまとめてみました。蚊も油断をしていると大量に刺されてしまって病院へ行かなくてはならない場合がありますから、あらかじめ刺されないための予防が必要です。過ごしやすくなっているとはいえ、紫外線予防に加えて、寒さへの準備も必要になってくる台湾の11月。しっかりと対策をして、楽しい台湾旅行にしてくださいね。