このサイトについて

ドバイを愛し、ドバイに恋し、ドバイという国をもっと知りたいと思う私が、ドバイをみなさんに伝えるためのウェブサイトを運営しています。ドバイという国をご存知ですか?最近は、ドバイを知っている日本の人が増えてきましたね。やはり、ドバイの経済成長とド派手な宣伝が功を奏しているのでしょう。ドバイ=派手でお金もちというイメージがだいぶ広く日本に定着してきたのではないでしょうか。しかし一方で、本当のドバイを知らない人もまだいるもので、そんな人たちにドバイのことをもっと知ってもらいたいと願い、このサイトでドバイのことをちょっとづつご紹介していきたいと思います。ドバイには夢が溢れています。この点についてちょっと考えてみましょう。面白いもので人は、夢に憧れます。典型的な例だと、アメリカンドリームのような類ですね。そんな憧れが、ドバイにも多くみられます。砂漠に光り輝く街を作ってしまうのですから、ロマンがありますよね。私がドバイに惹かれ始めた理由も、これが関係しています。初めてドバイの存在を知った時、衝撃が走りました。こんなにもドリームと魅力に溢れた国があるのか、と。とっても人工的な匂いがするといえば、その通りです。ただし、私が言いたいのは、そこに潜む、無限の可能性です。自然の脅威の中で、莫大な資金を投じて、ドバイという場所が出来上がりました。ドバイの光景を見ていると、そこに至るまでの変遷やお金の動きなどがとっても新鮮かつ強烈に伝わってくるようです。どうでしょうか?そう思いませんか?単なる、リッチなイメージよりも、その奥にある流れや、情熱のようなものまで、できるだけ、このウェブサイトではお伝えできればと思います。そもそも私は海外のいろいろな国を旅行してきました。もっと知りたいという純粋な欲求に動かされ、次から次へと。そんな中で出会ったのです。私の興味を最も強くとらえたのは思いの外、日本に近い国でした。地球全体をいろいろと旅してきた感覚からすれば、日本とドバイはあまり距離的に離れた関係にはありません。そのような意味で、どこか、ご近所さんのような気持ちもありつつ、でも、中身は全然違っているわけです。面白いものですね。ドバイを知らない人に、少しでも興味を持ってもらえれば、それこそが私の喜びです。ドバイを知っている日本の人が増えてきています。実際、皆はどこでドバイのことを知るようになったのでしょうか?一つ目はテレビではないでしょうか?最近、テレビ番組で海外のロケを大々的に行うものが見られますし、絶景を扱った番組が増えているのも事実です。そんな中で、「お金持ちのところだ!」「羽振りのいい場所だ!」と紹介されることが多いのですね。この要素はとても大きな意味を持っています。なにせ、すごいインパクトのある文脈で紹介されるので、「こんなキラキラした場所があるのか!
」と脳に焼き付きますよね。さらに、砂漠に「建設」したとなると、テレビ的にも面白いですから、なおさらでしょう。ただ、これだけではありません。さらに、ドバイを有名にすることがあると思います。それは、旅行です。海外旅行そのものに興味を持つ人がどんどん増えているのも事実ですが、さらに、ドバイの場所も関係しています。ドバイはとても、日本からヨーロッパ方面に旅行をするときに便利なところにあります。だからこそ、ドバイを経由して旅行をする人が増えているのですね。私の周りにも、乗り継ぎで初めてドバイの地に降り立ったという友人がいます。エミレーツ航空を使ったり、エティハド航空を使ったりして、ヨーロッパ方面に旅行する人が増えているのですね。